よくある質問
基本的には不要ですが、サービスに満足されましたら感謝の気持ちを表すのに有効な手段です。下記料金を目安にお渡しください。 【レストラン】 料金には基本的にサービス料が含まれていますが、サービスに満足したときには端数を切り上げる程度のチップを払うのが一般的です。 【タクシー】 料金の5%程度。荷物の積み下ろしなどをしてもらった場合は、1~2ユーロほど。 【その他】 ドライバー / ガイド: 終日で20~30ユーロ程度、半日で10~15ユーロ程度が基準。
ベルギーの電圧は大部分が220V、周波数は50Hzです。 ご旅行中にお使いになる日本国内用の電化製品がこの電圧に対応しているか否かにもよりますが、最近の携帯電話やカメラの充電器は変圧器は不要の場合が多いです。ただし、髭剃りやドライヤーの類など、小型電化製品は変圧器が必要な場合が多いので、製品の表示をお確かめ下さいませ。 なお、日本とは電源コンセントのプラグの形態が異なりますので、Cタイプをご用意下さい。
ヨーロッパのホテルでは、日本のホテルのようにパジャマの備えはございません。 また、アメニティ(シャンプー・リンス・ボディソープ等)の有無はホテルによって異なります。3~4つ星クラスのホテルの場合は、シャンプーとボディーソープのみといったように、簡単なアメニティしかないところも多いです。なお、アメニティが置いてある場合でも、日本人の肌に合わないものもございますので、日本からお持ちになることをお勧めしています。
一年を通して温和で過ごしやすい気候です。 夏季(6~9月頃)は日差しが非常に強いので、帽子やサングラス、日焼け止め、熱中症対策にドリンクを持ち歩くなど、万全の対策が必要です。 春や秋でも、半袖で過ごせる気温の日もあります。 なお、朝晴れていても突然雨が降り出し、気温が低下することもあります。 また、朝晩と日中の気温差も大きいです。カーディガンやパーカーなど、重ね着ができて調節しやすい服装がお勧めです。
はい。空港には免税店を初めとする様々なショップやレストラン、カフェなどがあります。ギリシャコスメやギリシャフードなど、主なお土産は一通り手に入ります。 営業時間はお店に直接ご確認ください。 ■アテネ空港の公式ホームページ https://www.aia.gr/traveler/shopping-centre/shops/azstoreslist/
ギリシャは、ヨーロッパ諸国の中では比較的治安の良いほうですが、スリや置き引きなどんぽ軽犯罪には注意が必要です。 とはいえ、遅い時間に人通りの少ないところを歩かない、荷物からは決して目を離さない、口の開いたバッグは持たない、周囲の状況に常に目を配る等、注意して過ごしていれば、犯罪にあう可能性はぐっと低くなります。 ギリシャの安全情報についての詳細は、外務省の海外安全ホームページをご覧ください。 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_158.html#ad-image-0
日本で両替を済まされることをお勧めいたします。 銀行や郵便局、両替所、また、日本各地の主要な空港(成田、羽田、大阪(関空)、名古屋、福岡など)で両替することができます。 両替レートや手数料につきましては、ご自身でご確認ください。 ショップやレストラン等、クレジットカードが使えるところが多いですが、小さなお店や市場等ではカードは使えないと想定して現金を準備なさることをお勧めいたします。なお、現地のATMでクレジットカードを利用してユーロの現金を引き出すこともできますので、現金が足りなくなった場合にはご検討ください。
7時間です。ギリシャが朝10時なら、日本は同日の夕方5時です。 ※3月の最終日曜日~10月の最終日曜日はサマータイム期間となり、時差が6時間になります。
ギリシャ入国時に3ヶ月+滞在日数分が必要となります。
観光目的の場合、ギリシャを含むシェンゲン協定加盟国での合計滞在日数が、過去180日の期間内で最大90日以内であれば、ビザは不要です。


私たちのポリシー
お問い合わせからご帰国まで
お問い合わせ




ヨーロッパを深く旅をする ユーロエクスプレス
オーダーメイドツアー"
Let's socialize




iata/jata
 03-6261-6437
株式会社ユーレックス
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-6-4
日新ビル3階

© 1981-2018
All Rights Reserved.